過激なAVでもガンガンこなす晶エリ―

アナルプレーをやらせたら最高の晶エリ―

晶エリ―のエキゾチックな魅力

過激なAVでもガンガンこなす晶エリ―

2009年に大沢佑香から晶エリ―に改名した彼女。

もともと日本のハードコアAV女優の第一人者として有名だっただけに、改名後のプレーにも期待が集まったけど、年齢も経て最近ややおとなしめになったという意見も多い。

しかしそんな評価をぶっとばしてくれるのが「昼下がりのアナル奴隷晶エリ―」(アタッカーズ)だ。

アナルというと、もう激しいプレーを想像できるわけだけれど、アナル作品をしっかりと演じて、しかも絡みも最高に見せてくれるのは晶エリ―しかいないと断言してもいい。

ストーリーは若妻晶エリ―ちゃんが、夫の同僚に犯され、アナルまで・・というありがちなシチュエーションだけど、徐々に欲望を開花させていく若妻をエリ―ちゃんがうま〜く演じている。

ストーリーはネタばれになるのでこれ以上は明かさないけれど、なかなかの出来と言っておく。

それよりもなによりも、アナルをやらせたら晶エリ―ちゃんは最高だ。

若妻役というのも完全にそそるし、男の夢、裸エプロン姿はもうたまらないの一言。

セリフも強烈であのキュートな顔で「ケツの穴、気持ちいい〜の」とか言われたら、どんな男もたまりません。

やっぱり晶エリ―は最高のアナル女優だね。

《 関連情報 》
Sex(セックス)

Copyright (C) www.medica-now.com. All Rights Reserved.

晶エリ―のエキゾチックな魅力